人生

「7つの習慣」を読んだ感想とまとめ

「7つの習慣」を読んだ感想とまとめ

スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」を読んで感動した部分についてまとめました。

7つの習慣のうち私がとくに感銘を受けたのは第1の習慣「主体的であること」と、第3の習慣「最優先事項を優先する」の二つです。

第1の習慣「主体的であること」

関心の輪

「関心の輪」とは、他人の言葉や行動、過去のことなど自分でコントロールできないことを言います。
「影響の輪」とは、自分の言葉・行動・考え、未来のことなど、自分でコントロールできることで、「関心の輪」の中にあります。
外の薄いグレーの部分は「関心がない領域」となります。

主体的な生き方とは、自分のコントロールできることに自分の時間とエネルギーを集中させること。

第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」

自分の葬儀に集まってくれた人たちに、私がどんな人間だったと言ってもらえると嬉しいかをイメージする。

ミッション・ステートメント(自分の憲法)をつくる。

第3の習慣「最優先事項を優先する」

時間のマトリックス

下記の表は「時間のマトリックス」というものです。
人生を豊かにするために時間のマネジメントをすることが目的です。

時間管理のマトリックス

私にとっての第2領域は投資やFPの勉強、読書、旅行などです。
これらに集中するために、第1領域であるコーディングの仕事や家事(料理、洗濯、掃除)、第4領域であるTVやSNSにつかう時間を意識して減らします。

第4の習慣〜はまだ未実践

第1〜第3の習慣は私的成功、第4の習慣からは社会的成功に関する内容となっています。
私はまず私的成功について取り組みたいと思います。

  • 第4の習慣「Win-Winを考える」
  • 第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」
  • 第6の習慣「シナジーを創り出す」
  • 第7の習慣「刃を研ぐ」