貯蓄・節約

Afracのがん保険を解約した理由

Afracのがん保険を解約した理由

2020年2月、9年間加入していたAfracのがん保険を解約しました。

保険内容と、解約した理由についてまとめました。

おむすび株が契約していたがん保険の内容

私が契約していたAfracの保険内容です。
(※2011年に契約したものなので、現在は内容や保険料が変更となっています。)

    生きるためのがん保険Days
保険料 月1,200円ほど
保険期間 終身
保険料払込期間 終身
がん診断給付金 50万円
上皮内新生物給付金 5万円
入院給付金 1日5千円
通院給付金 1日5千円
保険料払込免除 あり

他にも抗がん剤治療は1回5万円、ホルモン療法は1回2万5千円の給付が出ます。

現在は「生きるためのがん保険Days All-in」という保険になっているようです。

20代で契約しただけあって、保険料は月1,200円ほど。
ただし払込期間が長くなるので、トータルの保険料が少ないということでもありません、、、

おむすび株ががん保険を解約した理由

公的医療保険

高額療養費制度

ひと月の医療費が高額になったとき、高額療養費の申請をすることで、自己負担限度額を超えたものが払い戻されるというものです。

年収370万~770万円ほどだと、ひと月の医療費が9万円ほどとなります。
(個室にしたときの差額ベッド代などは対象外)

医療費控除

年間の医療費が10万円を超えると、確定申告することで、医療費控除が受けられます。
わがやは2020年の確定申告で、はじめて医療費控除を申請しました。
10万円を超えた医療費について控除が受けられます。

貯金

生活防衛資金を半年分ほど貯めていて、入院など医療費が高くなったときはここから支払うつもりです。