資産運用

30代夫婦のアセットアロケーション

30代夫婦のアセットアロケーション

アセットアロケーションとは

アセットアロケーションとは、「資産配分」を意味しています。

アセット:資産
アロケーション:配分

資産とは、「現金」「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」「不動産」「金」などがあります。
それらのうち、どの資産をどの割合で持つか決めることを、アセットアロケーションと言います。

年齢や資産、投資の目的に応じた配分にすることで、リスクとリターンのバランスを取ることを目標としています。

株式割合を決める計算式

株式の割合を決める一つの計算式として「100-年齢」というものがあります。
うめこは30代なので、「100-30」で70%ほどとなります。

資産のうちの30%を現金、70%を株式投資するイメージです。
もちろんこれは年齢をもとにしたひとつの目安であって、資産や投資目的、ライフスタイルなどによってパーセンテージは変わります。

わがやのアセットアロケーション

2020年1月時点でのおむすび株のアセットアロケーション(計画)です。

おむすび株アセットアロケーション

これからの投資計画

  • 保有している日本株を売却
  • 米国ETFを購入
  • 債券やREITも検討

上記のアセットアロケーションを目指して運用し、ゆくゆくはREITなどへの投資も検討したいところです。

奨学金の返済額があと500万円もある

投資だけに注力したいところですが、大きな借金があります。
夫婦揃って奨学金を借りており、合わせてあと500万円ほどの返済が残っています。ぎゃー。
株式投資の利回り>奨学金の利率 のため、返済より投資を優先していますが、毎月の支出を減らしたいという思いもあります。

アセットアロケーションやバランスシートをもとにしっかり検討したいと思います。