貯蓄・節約

医療費控除の方法

医療費控除を申請するため、はじめて確定申告をしました。

医療費控除とは

一年間(1月1日〜12月31日)に医療費が10万円以上かかったとき、確定申告をすると所得控除を受けられるというものです。
かかった医療費を申請することで、払いすぎた税金が還付されます。
反対に、申請しなければ1円も払い戻されませんよ!

医療費控除となる金額の計算式

(一年間に支払った医療費ー①)ー②

①保険金など
・生命保険などで支給された保険金
・健康保険などで支給された高額療養費、家族療養費、出産育児一時金など

②10万円
(総所得が200万円未満の人は総所得の5%)

自分で負担した金額のうち、10万円を超えた部分が控除の対象となるということです。

申請の仕方

準備するもの

・源泉徴収票
・医療費の領収書
・マイナンバーカード(通知カードでもOK)

提出する書類

・「確定申告書A」
・「医療費控除の明細書」

WEBで書類作成

書類を税務署でもらったり、WEBからダウンロードして記入するより、WEB上で入力してしまうのがおすすめです。

国税庁 確定申告書等作成コーナー

確定申告web申請

まずは右の「医療費集計フォーム」でエクセルデータをダウンロードし、領収書をもとに医療費を入力します。
macをつかっていてExcelが入っていなくても、Numbersで編集できます。

その後、「作成開始」から申告書をつくります。

郵送

税務署へ持って行くより郵送がおすすめです。コロナのこともあり、税務署も郵送を推奨しています。
プリンタを持っていないので、コンビニで印刷しました。
特定記録か、レターパックで送ります。

医療費控除をやってみた感想

確定申告がはじめてだったので、なにも分からないし、一年分の領収書をまとめたりと時間もかかりました。

そんなはじめての医療費控除(確定申告)でしたが、還付金は3,000円ほど。
時給に換算すると低すぎますが、確定申告はこれから毎年行うつもりなので、勉強ですね!