貯蓄・節約

楽天モバイルをつかわないたったひとつの理由

2020年4月から、楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT」というサービスをスタートします。
これまでの「スーパーホーダイ」という料金プランの申し込みは4月7日までとなります。
おむすび株では楽天モバイルを検討しているので、この二つの料金プランについて比較してみました。

「Rakuten UN-LIMIT」と「スーパーホーダイ」比較

    Rakuten UN-LIMIT スーパーホーダイ
受付期間 新規申込 2020年3月3日〜
MNP申込 2020年3月12日〜
新規申込 2020年4月7日まで
回線 楽天モバイル
エリア外はau回線
ドコモ回線
基本料金 2,980円 プランS 2,980円
プランM 3,980円
プランL 5,980円
プランLL 6,980円
データ利用量
(月)
無制限
(au回線は2GBまで)
プランS 2GBまで
プランM 6GBまで
プランL 14GBまで
プランLL 26GBまで
国内通話 24時間かけ放題 1回10分まで無料

UN-LIMITのサービスは4月8日スタートです。

Rakuten UN-LIMITのキャンペーン

①プラン料金1年間無料

プラン料金が、申し込みから1年間無料となります。
300万名までで、1人1回線のみとなっています。

②Rakuten UN-LIMITオンラインお申し込みキャンペーン

webで申し込み、「Rakuten Link」の初回アクティベーション(利用登録後SMS認証)を実施することで、楽天ポイント3,000ポイントをもらえます。
1人1回線のみとなっています。

③Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン

契約後、「Rakuten Link」の初回アクティベーション(利用登録後SMS認証)を実施することで、初回事務手数料3,300円分の楽天ポイントをもらえます。
300万名までで、1人1回線のみとなっています。

④Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン

対象商品を購入すると、9,500〜14,500ポイントがもらえます。

Rakuten UN-LIMITのデメリット

iPhoneが使えない

Rakuten UN-LIMITの対象機種はGalaxy Note10やXperia AceといったAndroid端末となっており、iPhoneは対象機種となっていません。がーん。

わがやは夫婦揃ってiPhoneユーザーで、ここはどうしても譲れません。
Mac×2、iPad×2、iPhone×2など、Appleに心酔気味です。

月3,000円ほどで電話かけ放題、データ無制限という文句なしのプランですが(しかもわがやはエリア内)、iPhoneをつかえないというただ一つのデメリットで、楽天モバイルを諦めることにしました。

おむすび株は、現在契約しているBIGLOBEのSIMをこれからもしばらくつかっていこうと思います。